mcs.ycum/ 9月 30, 2018/ NEWS/ 0 comments

新代表に運営の権限を引き継ぎ、大学へ再度会の公認を申請しました。
10月中に申請結果の通知を得られる見込みです。

これに先立ち、会は設立から5か月で43名の会員を数えるに至りました。会員のニーズは非常に多岐にわたり、医療現場で役立つツールを作ることを目指して学ぶ会員、公衆衛生に寄与するツールを作ることを目指して学ぶ会員、患者様によりよい情報提供をする方法を探りたい会員と、将来の医学研究への寄与に向けて統計及びデータ処理を学びたい会員などがおりました。
このように多岐にわたる活動内容を前に、医療のためのツールの作成や情報の提供を考える部員と医学研究を考える部員はすべての活動を合同で継続することが必要ないと判断しました。

本学には国際、地域医療、社会医学といった幅広い観点から医療を考えてきた部活動「We×Medicine」が存在し、当会にも兼部者がおりました。協議の結果、医学研究よりむしろ医療のための学習に重きを置く会員はそちらに移籍することとなりました。
今後も共同で勉強会を開催する意義があるテーマについては、協力して活動を継続していけたらと考えております。

引き続き、機械情報医学研究会とWe×Medicine(仮称)情報医療班をよろしくお願いいたします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*